白人のいる風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

03/23のツイートまとめ

Kuantanlog

#在ネパール日本大使館 は、日本人旅行者のマリファナ使用を容認してるみたいだ。サワウチ領事も一貫して「お前が悪い」と説教口調だった。そんな宿にいるお前が悪い。つまり俺に襲いかかった細いツリ目のチンピラ(お前が出て行けと言った)と同意見。#日本大使館#チェリーゲストハウス
03-23 00:36

RT @sputnik_jp: #ロシア #潜水艦 部隊:昨日、今日、明日http://t.co/sUmLNwavZF http://t.co/NqV68EF2VX
03-23 00:40

03/22のツイートまとめ - Kuantanlog 腕力がある者が帝王になれる世界 http://t.co/roynzCApTa 03-22 00:56 @hin_BP 私はカオサンはちょっと怖かったので、ワットチャナソンクラ... http://t.co/oUULhRXrn9
03-23 09:12

アメリカ人は世界中どこに行ってもホテル等で英語が通じるのは当然と思うだろう。通じなかったら不当だと感じるのであって、英語を話してくれたと言って感謝したりはしない。一方、日本人は外国で日本語OKだったというだけで喜んでしまう。日本人に日本語を話すことは媚を売り恩を売ることなのだ。
03-23 13:19

日本語を話す外国人には注意する必要がある。文明的に弱小な敗戦国民の日本人のコンプレックスを日本語使用でなだめて媚を売るだけで、安物や低質なサービスを高く売り不当な取引を日本人には我慢させることができる。日本人に日本語で話しかける外国人には必ず下心と欠陥がある。今更だが注意すべき。
03-23 13:31

戦前の教育ではカタカナを先に教え、仮名はカタカナが基本だった。戦後GHQの指示でそれが軍国的だとされ、女性的なひらがなを先に教えるようになり仮名の基本になった。日本を取り戻したいネトウヨはカタカナを使うべき。ただ、ユニクロの看板を見たマレーシア華人は「韓国語?」と言ってたが。
03-23 15:21

お茶やお釣りを「左手」で渡すネパール人が非常に多くなった。嫌がらせのつもりなのだろうか。インド系マレーシア人にも滅多に見ない無作法である。ネパール人はあらゆる文明から見捨てられたようだ。
03-23 16:07

記念の為に昔「ホテル・カトマンドゥ・ホリデイ」があった建物の「ホテル・トラベラーズ・ホーム」に入ってみた。階段や廊下は全く変わっておらず、当時250Rs位だった部屋が2000Rsに。2000年9月松川一世作の額「カトマンズホリデイにようこそ」だけが階段の壁に残っていた。#タメル
03-23 17:55

日本人のオバサン団体客で賑わっていた。出発前に宿の前で記念撮影をしたり。もちろん日本語しか話さない。レセプション嬢も日本語を話す。「日本人の宿」という大きな看板。しかし窓やドアの建付けは「カトマンドゥ・ホリデイ」時代のまま。グルン系の宿だったが放漫経営で破綻。2003年頃か?
03-23 18:09

「ホテル・カトマンドゥ・ホリデイ」が破綻して閉鎖になった丁度その時、私は荷物をその倉庫に預けていて荷物にNabil銀行の小切手帳も入れていたので焦った。経営者のチャンドラ・グルンはトンズラしていた。街で見つけた元ボーイのプレムに協力してもらい警察立会で南京錠を糸鋸で切ってもらう。
03-23 18:27


プレムによれば、チャンドラ・グルンはボーイの給料もマトモに払っていなかったらしい。国会議員だと聞いたが。地主はネワールで家賃滞納で閉鎖になったらしい。その時、ベルキャプテンのサントス・グルンはもうマカオかどこかに出稼ぎに出ていた。彼は今まで会ったネパール人で一番好感が持てる部類。
03-23 18:38

ロータス・レストランがまだ「味シル」からジャータに抜ける路地にあった頃、一度サントス・グルンを連れて行って日本式カレーを奢ったことがあった。目をぱちくりさせてまずそうに食べていた。ホテル・カトマンドゥ・ホリデイに泊まっていたのはそのころ。#タメル#カトマンドゥ#ネパール
03-23 18:44

サントスという名前は外来語ではない。語源はsaneやsanitaryと同じで、印欧祖語に由来するネパール語の名前だと聞いた。「健」みたいな。ただ、山村には「ロバート」とか「メリーアン」なんて名前の子供もいる。ヒンドゥ教の「アーリア系」よりも仏教徒のモンゴロイド系に多いようだ。
03-23 18:52

インドビザを無事取得。航空券も購入。明日国内線でネパール東部の山の中の空港に向かう予定。プロペラ機で。山岳地帯にある空港に向かうので、ちゃんと飛んでくれるか、落ちないか、ちょっと不安。日本を出た時は、飛行機が落ちてくれればいいのにと本気で思っていたのを思い出した。
03-23 23:23

@wobaba ありがとうございます。
03-23 23:41

スポンサーサイト
  1. 2015/03/24(火) 03:29:47|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
blog comments powered by Disqus
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。