白人のいる風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

03/04のツイートまとめ

Kuantanlog

ネパールは数年前までは、円が安い時でも、宿代も含めて1日千円以内で普通に生活できるところだったが、今ではちょっと難しい。
03-04 00:50

03/03のツイートまとめ - Kuantanlog カトマンドゥに着きました。 http://t.co/H2Pq96hFfu 03-03 01:53 カトマンドゥは寒くてたまらない。4月になるまでここで待つか、久しぶりに東部丘... http://t.co/IAAak2bwhM
03-04 09:05

@hin_BP 15年くらい旅行中心の生活をしてきたので、特別な行事という感じはなくあまり気にしません。ネパール滞在が長かったので行けるうちにもう一度行っておきたいと思ったのです。叩かれるとしても、ネットで叩かれるだけだから無視すればいいでしょう。
03-04 12:28

春休みということもあるのだろうが、若い日本人の「ヒッピー」たちがたむろしててウザい。ヒッピー(死語)みたいなのって今でもいたんだな。しかも無遠慮さは増しているので始末が悪い。ネパールでは公共空間での喫煙は違法なのだが。日本人や中国人が多すぎて白人客が一人もいない。
03-04 12:38

オレがボケているのか、この2日だけで、50ルピー札を出してお釣りが50ルピー以上来るということが2回もあった。オレがボケていて50ルピーを出したつもりで100ルピー出していたのかもしれないので、特に何も言わずにゆっくりと立ち去ったが。50と100とでは札の色も違うから、不可思議。
03-04 13:52

@hin_BP それと私は、幸いというべきかネットでもほとんど相手にされていないので、叩いてくる者も滅多にいないのです。リアルでもほとんど無縁で、福祉関係の人とかNPO関係者にしか知り合いがいないので、あれこれ言う人はいません。
03-04 14:04

@hin_BP ありがとうございます。
03-04 20:00

今日はジョッチェンへ行ってみた。ツーリストはほとんど見かけない。ダルバル広場が有料になってタメル方面から行きにくくなってしまったので急速に寂れましたね。ニューロードから喫茶店「スノウマン」のある小路へ。スノウマンは地元学生で一杯。お約束のように「クリームキャラメル」を食べてみた。
03-04 20:17

ジョッチェンからこっそりダルバル広場に侵入。最初ここに来たのは20年位前。入場料も取られなかったので、来たい時にフラッと来て一番高い塔の上にぼっと座っているだけで楽しかった。とりあえず外国人と喋りたいとか、知り合いになりたいというネパール人がよく話しかけてきた。勿論ガイド志願者も
03-04 20:31

今ダルバル広場は白人客も少なくローカルツーリストが多い。高い塔の上に座っているのも殆どネパール人。外国人に話しかけてくる者も少ない。ただ、一人オシャレで洗練された若い中国人女が、ネパール人男に迫られ、傅かれて、一緒についていくまでの一連の様子を見た。以前は日本女でよく見たこと。
03-04 20:49


ダルバル広場近辺の建物一つ一つの名前由緒を覚えて通ぶっていたこともあったが、今ではすっかり忘れてしまった。クマリの館がどれかもわからない。一番高い塔の上でネパール人に聞いたがクマリの館自体を知らない。たまたま隣に座った白人娘に聞いたらよく知っていて教えてくれた。かわいい子だった。
03-04 21:03

4年前までは、チベット坊主の赤い法衣を着たカンチガイ白人をタメルでよく見たけど、今回はまったく見ない。「チベット」ははやらなくなったのかな。ダライ・ラマとCIA との関係とか、解法以前のチベット民衆の悲惨な生活、チベット仏教のインチキ性などがようやく認識されるようになったのか。
03-04 21:47

悪いことではないが、チベット的な要素が街から少なくなっている感じがする。チベットで押し出して売れなくなったのかもしれない。タマン族の「チベット仏教」とチベット人の仏教とでは別物らしいが、「チベット」で売れた時にはタマンもチベットを押し出していた。
03-04 22:02

チベット的な要素を追い出したのは、欧米人に飽きられたこともあるが、なにより中国人のプレゼンスだろう。ジャータ通りはチャイナタウン化しつつある。前はモモの専門店が何件かあったが今は「ネワリ・カジャ・センター」だけ。チョウミンも見なくなった。チベットの暖簾自体を見なくなった。
03-04 22:12

カンティパトの歩道で寝ている犬を踏んづけてしまった。犬は怒って足に噛み付いてきたが、本気で噛んではいなかったかもしれない。ネパールの犬は他で見ないほど温和でどこにでも横になって寝こんでいるので、気をつけていないと踏みかねない。カンティパトのような雑踏では足元に注意する余裕がない。
03-04 22:38

チャイナタウン化するジャータJyatha通り。正確にはJyatha通りではなく、タメルからJyatha margへ向かう南北の道でAmrit Margというらしい。Jyathaは地域の名前でJyatha Margは南のほうの東西の道。 http://t.co/M6PI3dsgA4
03-04 23:05

こちらで買った地図によると、「ちくさ」や「ロータスレストラン」や「風の旅行社」がある通りは、アムリト・マルグというらしい。私はずっと「ジャータ通り」だと思っていた。ジャータは地域の名前でアムリトマルグもジャータの西の端に当たる。ジャータ通りは南の方の東西の道。
03-04 23:10

ジャータをGoogle地図で検索するとhttps://t.co/jiGqDaTqdg
03-04 23:15

正確には「ジャータ通り」ではなく「アムリト・マルグ」。
03-04 23:16

ただしGoogle地図も正確ではない。スーパーBest Shopping Centreの交差点はJyatha Thamelといい、そこからカンティパトのほうに向かって西に伸びる大通りがトリデヴィ・マルグ。Google地図のTridevi Margの位置は間違っている。
03-04 23:25

山谷者のための旅行社か? http://t.co/cSZJHO67Gm
03-04 23:38

ギャネンドラ王政時代の10ルピア札と、共和政時代(現在)の札。王政時代の札には国王の肖像。共和制になってからはエベレストやラリグラスの花などが国の象徴として札に使われている。日本の象徴は諭吉。「キングか」と聞かれたことも。 http://t.co/SwLJLINGAJ
03-04 23:40

アムリト・マルグ。 http://t.co/ls3MlTXT0y
03-04 23:42

チャイナタウン化するアムリト・マルグ。4年ほど前とはまったく違う町になった。 http://t.co/jpM7rY4b4q
03-04 23:49

アムリト・マルグ(自分で勝手に「ジャータ通り」という名前をつけて呼んでいた)。散歩するのにお気に入りの通りだったが、すっかり変わった。南のほうにいくと肉屋などはあるが、肉屋の店先に飾っていた新鮮なヤギの生首はまったく見なくなった。 http://t.co/6iXVqDAgaf
03-04 23:54

喫茶店「スノウマン」。ジョッチェン・トールからちょっと入ったところにある古い喫茶店。今はちょっとお金がありそうなネパール人女子学生などでいっぱい。 http://t.co/8OVKV95k9m
03-04 23:58

スポンサーサイト
  1. 2015/03/05(木) 03:30:26|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
blog comments powered by Disqus
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。