白人のいる風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

01/06のツイートまとめ

kuantanlog

タイ人の強烈なイビキの目を覚まされる。いまさらドミに泊まったことを後悔。ケモノだな。日本人とは共存不可能。
01-06 01:57

これからどうやって寝るかな。また睡眠薬を飲むか
01-06 02:00

結局ドミなんてまともな人間の泊まるところではない。海外では本当に必要な時以外は避けていた。これで2800円。個室なら4000円台。新今宮駅前の3畳のほうが室内は臭いもなく快適。1700円くらい。
01-06 02:18

まあいろんなところを見て回るのが目的だったから勉強になった。白人だと思っていた臭い荷物の持ち主は私が寝たあと帰ってきて、別のアジア系だった。タイ人でなくそいつがイビキの犯人だった。長年タイ人に悪い感情を持っていたので、偏見だった。
01-06 02:27

このゲストハウスではドミは白人とアジア系とを別にするのかもしれない。一理はある。
01-06 02:29

日本人は、日本のゲストハウスに泊まるよりは、健康ランドやネカフェやドヤで泊まった方が良いだろう。白人ツーリストには体を洗わないのがいるので足臭さは強烈。こればかりは禁止できない。日本人ホームレスを見下すが、社会的な差別に過ぎない。実態は、白人のほうが不潔で汚い。
01-06 02:35

日本のゲストハウスは、日本人のいろいろなイヤらしさや低劣さを観察するには良い所。働いている連中(ろくな動機ではないのは明らか)、白人との交流を求めてわざわざ泊り、また働く低劣日本人の低劣さのリアリティ。観察すべきものはある。
01-06 02:43

日本のゲストハウスは、タイのカオサンのマネッコからはじまったものだが、カオサン日本人にとって必ずしも気持ちのいいところではないという認識が欠けている。カオサンをちょっと見て舞い上がって日本でも同じものを作ろうとした小金持ち事業だろう。カオサンは便利だが日本人には気分の悪いところ。
01-06 02:52

私はバックパッカーをしていた時もカオサンにはあまりとまらなかった。ワットチャナソンクラムが快適だった。
01-06 02:55

高山は見るべきものもさほどないし、カネを払って泊まるようなところではない。日帰りで十分。私が泊まったのは日本のゲストハウスツーリズムを覗いてみたかったから。タイのように母国人宿泊禁止にしたほうが良いだろう。そのほうが、嫌らしいところではなくなる。
01-06 03:04


このへんで泊まるなら、湯屋(小坂から二里)とか萩原宿、カネに余裕があれば、下呂温泉。外人の多い宿は、現実問題として、日本人には快適ではない。理屈では無い。そういうところで働きたがる日本人がどんなタイプの日本人か、彼らが作り出す環境はどんなものか、考えれば分かろう。
01-06 03:11

外国人客と日本人客とで接客態度ががらっとかわる、日本人ツーリズム従業者の行動様式はまさに、日本的な「排除」の論理の裏返しにほかならない。彼らは英語をそれなりに喋って国際派のつもりなのかもしれないが、極めて「日本的な」イヤらしい人たち。
01-06 03:19

日本のゲストハウスは、外国人専用にしたほうが良い。
01-06 03:22

飛騨の旅は、高山の宿に泊まることで、風情ぶち壊しになる。これは覚えておいたほうが良い。まぁ、寒くて売春産業の無いチェンマイみたいなもので、人間はこの辺でも一番悪い。飛騨街道は街道筋なので、もともと人はすれている。ヒマラヤと同じ。下呂がかえっ一番無難。おつにすましたところはないし
01-06 03:32

下呂はブランド力はなく東京からの集客もない。泉質は良いが、過当競争。もともといかがわしいところなので、おつにすますようながらではない。私の両親のルーツも大昔からこの近く。下呂や小坂の温泉での休暇はコストパフォーマンスが高く推奨できる。高山は、白人が殺到する場所の例にもれず、クソ
01-06 03:42

下呂で働いている人は日本各地から来ている。私が12歳で住み込んでいた時に世話してくれた枕芸者は、東京の向島育ちだった。他にも、福岡の方出身で親の借金を返すために19歳から枕芸者をして下呂に辿り着いたというオバサンもいた。カタギに戻る(男を捕まえる)人もいるが、結局下呂に戻ってくる
01-06 03:57

ゲロは私の青春の地と言えるかも。12歳で終わった青春。下呂にはやはり特別な思いがある。
01-06 03:59

今晩は、セルシン10錠以上、ロヒプノール3錠、デパス2錠、グッドミン(レンドルミン)2錠を飲んだが、もう眠くなる気配もない。連泊するか。あすはフラフラで交通事故に合う可能性。今度こそシングルで。しかし従業員がたまらなく不快。
01-06 04:30

いびきで起こしてくれたのはアジア系ツーリストだが、ストレスと反感は、我が物顔の白人ツーリストと日本人従業員に向かう。ルサンチマンだということは重々承知。しかしこれが実感だ。
01-06 04:45

ゲストハウスは、外人専用にすべき。タイはそうなっている。ネパール、タメルもネパール人禁止。同国女性保護の意味もある。外人目当て肉弁用は別に作れば良い。日本人専用ドヤの充実を。
01-06 04:46

オレきょう泊まったのは、高山駅南すぐのK'sHouseというところ。館内じゅうが足臭い。ダイニングがいちばん臭気がない。色黒のブスが日本人を不愉快にさせるプロ。色白美人の女性は極めて出来た人。ぶすの方は最初から喧嘩売ってる態度。外人だとがらっと変わる。得意の英語。俺は醜い日本人
01-06 05:04

ケイズハウスの近くにあ「スーパーホテル」という黄色いホテルがある。高くはない。料金は自販機で前払い。5000円ちょっと。一万円札を自販機に入れたが、お釣りが500円ちょっと。小銭しか出ない。すぐに抗議して4000円を返してもらう。そこを出たすぐに同ホテルから電話。
01-06 05:19

おカネは出たはずだと。ひき返して返して談判するが、ギョロ目の女は譲らない。俺も札が出ていない事はハッキリ記憶にある。不愉快だったので泊まるあてはなっかったがキャンセルにし料金は全部払い戻させた。ギョロ目女は無言でお愛想も言わない。黄色い「スーパーホテル」は避けた方がいい。
01-06 05:33

高山ってところは、飛騨街道でも、人間の格別卑しいところ。タイのチェンマイが格別人間が嫌しいのと同じ。
01-06 05:38

K’houseを脱出。タイ人もさっそくチェックアウトしていった。白人というのは、空間の支配の意識が強烈なので足臭い居間を占領する。彼らにとっては空間を占領すること自体が、本能的に快感なのだ。歴史的本能だろう。逆に日本人等が公共空間を占領していると彼らは強い反感をもつ。
01-06 09:06

K’houseちかくの喫茶店、CafeでKotoは居心地の良いところ。高山線鈍行下りまでまだ時間がある。高山線の鈍行は今は数えるほどしかない。
01-06 09:12

タイ人は、タイ人以外の有色人種を差別し白人を上げまくるが、タイ人(同国人)は尊重するんじゃないかな?尤も、タイ航空TGなどではタイ人客からも人種差別の苦情が出るらしいが。日本人の場合、白人と共用する場所では、「日本人への敵意、卑下」が全面に出るようだ。ゲストハウスはそういう所
01-06 09:27

01/05のツイートまとめ - kuantanlog グ?... http://t.co/1uhI20R4jt
01-06 09:27

これから「おもてなし」ブームで、外国人と共用する日本の公共空間は日本人にとってますますイヤラシイ、恥ずかしい場所になっていくかも。
01-06 09:31

疲れた
01-06 10:42

細かい雪が舞うのが一番いやいやだ。特に晴れている時。マレーシア行きたい
01-06 10:49

高山K'sHouse の色黒の醜いスタッフ。君は存在自体が不快感を与えるので接客業には向いてない。ゲストハウスは接客じゃないと思ってるかもしれないが、接客業だ。やめたほうがいいと思う。君はネガティブなオーラの達人。
01-06 11:13

日本人は、何かトラブルを起こしているとすぐに「大丈夫ですかー?」というが、大丈夫じゃなかったら何かしてくれるのか?「大丈夫です」と答える他ないだろう。これが日本の「おもてなし」の正体だ。欧州ではこちらから頼まなければ何もしてくれなかったが、一旦受ければ結果まで導いてくれた。
01-06 14:10

植民地支配とキリスト教 : 池田信夫 blog http://t.co/VppaVkuG36
01-06 21:22

スポンサーサイト
  1. 2014/01/07(火) 03:42:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
blog comments powered by Disqus
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。