白人のいる風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英会話学校経営の米国人(70)、60人にわいせつ  教え子の少女12人(当時9~16歳)に対する児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)容疑 「子どもたちが大きくなったときに見せるためにやった。将来のための性教育だ」と供述

この記事の事件です。送検されたということです。

特に言うことはないですが、日本のマスコミが容疑者を米国人とだけ言って人種を示唆していないときは「白人」。

日本の新聞記事は消されてしまうので、全文コピペしておきます。


英会話学校経営の米国人、60人にわいせつ

 福岡県内で英会話学校を経営する米国人の男(70)による婦女暴行事件で、同県警は25日、教え子の少女12人(当時9~16歳)に対する児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)容疑で福岡地検に追送検し、捜査を終結したと発表した。この男が20年ほど前から自宅で約60人にわいせつ行為を繰り返していたことを確認したという。

 発表によると、男は2007年7月~09年4月、自宅で少女12人に計22回にわたってわいせつ行為を行い、その様子をビデオカメラで撮影した疑い。「子どもたちが大きくなったときに見せるためにやった。将来のための性教育だ」と供述しているという。

 男はこれまでに婦女暴行容疑などで4回逮捕されている。押収したビデオテープ約600本を解析した結果、すべて男が撮影した教え子に対するわいせつ行為の映像だった。別の記録媒体にはインターネット上からダウンロードするなどしたわいせつ画像など約4万点が保存されていたという。

 県警によると、手帳やビデオテープを分析した結果、研修会名目で自宅に連れ込み、わいせつ行為をした教え子は約60人で、男は「月に1、2人呼んでいた」と供述。英会話学校の教室でもわいせつ行為をしていたという。

(2010年5月25日12時34分 読売新聞)



http://kuantanlog.tumblr.com/post/630442856/60


スポンサーサイト
  1. 2010/05/25(火) 15:12:44|
  2. 白人の児童買春、性犯罪

白人には一切手をだせない日本の警察

その外国人は白人」だ、って通報してるのに、「黒人ですね」と聞き返す日本の警察。再度白人だとはっきりいうと、沈黙してしまう日本の警察。

日本が白人至上主義レイシスト国家であることは確かだ。

私が逃げたらその白人は「お前は女だ」といって挑発してきた。私を公道でボコボコにしても処分を逃れうる確信があったのだ。

ミッショナリーだから酒は飲んでいない。白い顔をしていたし臭いもしなかった。

こういう白人がまかり通っている日本国家が「女」なのだろう。

女国家日本の象徴が天皇だ。

君主制を廃止しても、ネパールのように警察や軍隊が同じ体質で残ることもある。

白人植民地土人王=治外法権の象徴=天皇の公開処刑とともに、白人妾日本警察の公開処刑的解体がぜひとも必要である。


The Everyday Language of White Racism
The Everyday Language of White Racism

Stop Racism Sweatshirt Large White
Stop Racism Sweatshirt Large White

War and Responsibility in Japan: The Role of the Emperor and the War Occupation Debates (Nissan Institute/Routledge Japanese Studies)
War and Responsibility in Japan: The Role of the Emperor and the War Occupation Debates (Nissan Institute/Routledge Japanese Studies)

Japan's Imperial Conspiracy: How Emperor Hirohito Led Japan Into War Against the West

  1. 2010/05/23(日) 04:32:36|
  2. 白人のいる風景

怖かった。深夜の中野で毛唐に絡まれた

イギリス人だ。病院もある地域で深夜2時、大声で携帯をかけていたのでちょっと睨んでやったら、むこうから絡んで来た。

みんな寝てるから静かにしゃべれと英語で言ったら却って逆上。本当に向かって来る。ガッチリした若い男が、お前はレイシストだファックユー、とまくしたてて向かって来るので、逃げるしかない。

こんなたちの悪い白人はアジアのどこにもいないだろう。日本は完全に治外法権だ。こんな国は滅びる以外に再起の道はない。

上が白シャツ、下が黒ズボンのミッショナリーの服装。キリスト教ミッショナリーだろう。彼らが正真正銘のチンピラヤクザ集団である証拠である。


The End of Tolerance: Racism in 21st Century Britain
The End of Tolerance: Racism in 21st Century Britain

Racism and Education: Coincidence or Conspiracy?
Racism and Education: Coincidence or Conspiracy?

The White Rajas. A History of Sarawak From 1841 to 1946

  1. 2010/05/23(日) 04:30:21|
  2. 白人のいる風景
blog comments powered by Disqus
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。