白人のいる風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケンタッキーで長い列の先頭に割り込む白人

http://twitter.com/ali_bin_ibrahim/status/4940015130

このハゲオヤジです。

スポンサーサイト
  1. 2009/10/18(日) 20:40:48|
  2. 白人のいる風景

【ニュース転載】「ジャップは日本に帰れ!」オーストラリアで67歳の男性殴り殺される→フィリピン人だった

オーストラリアはこういう国だという事実を周知させる必要がありますね。


http://resources3.news.com.au/images/2009/10/12/1225785/564755-builder-held-over-race-hate-killing.jpg
▲苦悩・・・犯人の両親と推定される夫婦と犯人の写真

23回目の誕生日を祝っていた建築業者が酔って高齢者を死ぬまで殴り続け、民族憎悪犯罪(race-hate crime)を犯したとされる。

昨日、マグノ・アルヴァラード(イラウォン, 67)の殺人容疑でジェームズ・アンソニー・ディーン-ウィル コックスが告発された。クロナラ(Cronulla)エロウェラ・ロード(Elouera Rd)の住民は土曜日の午前五時半頃、男性の「この野郎…日本に帰れ」という叫び声で目がさめたと警察に語った。

警察がパラマッタ保釈法廷に提出した調書によると、「ヘルプ、助けてください。」という泣き声も聞 かれたという。一人の目撃者は自宅のバルコニーに出て、男性が「犠牲者を歩道に投げつけ、つかみあげて揺すり、地面に投げつけた」のを見たと言う。被告はさらに10回ほどアルヴァラードさんの頭と身体を殴ったとされる。別の目撃者によれば、犠牲者を道路に投げつけた容疑者は馬乗りになって殴りつけたと言う。

警察は、同容疑者が「この日本野郎(Ya Jap)」と叫ぶのを聞かれていると主張した。(中略)ある目撃者によれば、警官がディーン-ウィルコックスに大声で止めろと叫び、何をしているのか質問したとき、容疑者は「おい、こいつは日本人だぜ。やられて当然なんだよ」と答えたとされる。

アルヴァラードさんはフィリピン人であることが分かっている。驚いた見物人らは、警察が到着するま でディーン-ウィルコックスが現場を離れないようにした。アルヴァラードさんは病院に運ばれたが、土曜日午後二時半頃に死亡した。

ディーン-ウィルコックスが逮捕されたとき、靴をはいておらず、ソックスは片方だけで、警察は彼が酔っていることに気づいた。容疑者は、事件の「記憶がない」と警察に言っている。覚えている最後の記憶は都心のメルクリウス・ホテルにいた「朝の早めの時間のいつか」だった。ディーン-ウィルコ ックスは、自分がどのようにクロナラに着いたか知らなかったと言う。

容疑者は保釈申請せず、明日、セントラル地方裁判所に出頭する予定だ。

ソース:デイリー・テレグラフ<Builder James Anthony Dean-Willcocks charged held over race-hate killing>
http://www.dailytelegraph.com.au/news/builder-james-anthony-dean-willcocks-charged-held-over-race-hate-killing/story-e6freuy9-1225785561877
 
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1255357888/
  1. 2009/10/13(火) 13:22:23|
  2. 白人のいる風景

美化されるゴーギャン ゴーギャンこそ「南国楽園」白人セックスツーリズムおよび児童買春ツーリズムのパイオニ

児童ポルノ法でまず第一に取り締まられるべきなのは、日本のエロアニメなどではなくてゴーギャンの絵だと思う。ゴーギャンは美化されるばかりで、まったく批判的には語られないが。

このことは、アジアアフリカにおける、あるいは戦場における、白人の性的犯罪がほとんど指弾されることがないのとパラレルである。

ネットではほとんど見つからないがゴーギャンがタヒチで書いた裸婦画には児童の裸も多くある。生々しい風合いがあり、実物がモデルであるだけに実際性的な欲望を刺激する作品もある。明らかに児童で、幼い乳房、恥らうように内股に立つ姿勢が生々しい作品もあったと記憶する。

「西洋文明と西洋美術に絶望した孤高の画家」などと美化されているが、晩年のゴーギャンは、「より幼い女」をあさってタヒチの島々を転々としたのであり、画才のあるエロ狂いに過ぎない。

ゴーギャンの美術は、今に至る白人のセックスツーリズム、児童買春ツーリズムの文化と一体のものであるり、ゴーギャンこそは、セックスツーリズムおよび児童性愛ツーリズムのパイオニアなのである。

ゴーギャンは、東南アジアに屯し堂々と買春ヴァカンスを楽しむ白人たちの理想型である。「ゴーギャンのような生き方」が、世界中で白人たちが展開する非白人児童の性的搾取の醜さをあいまいにする口実にもなっているのである。

この絵はまだまったく穏やかなほうである。



なお、芸術性と犯罪性(猥褻性や児童ポルノ性)とは無関係である。これは日本の裁判所も認める正しい立場だ。

芸術性と猥褻性とが関係があるとすること、芸術性によって猥褻性が緩和されたり滅却されたりするとすること、要するに、「芸術性が高いから猥褻ではない場合がある」とすることは、法が(司法が)「芸術性」の有無や高低について判断を下すことを意味する。これほど甚だしい法の僭越はないだろう。

ゴーギャンの絵にどれほど芸術性があろうと、児童ポルノは児童ポルノである。ゴーギャンの書いた絵のいくつかは明らかに児童ポルノであり、白人男のフランス植民地における小児性愛・児童虐待の絵画的な記録である。

ゴーギャンは児童ポルノ画家である。
  1. 2009/10/12(月) 23:23:15|
  2. 白人の児童買春、性犯罪

仏文化相が辞任否定、買春経験告白の自伝的小説めぐる騒動で

前記事の後追いです。
男性同性愛者で、東南アジアに買春旅行に行って、「未成年を買わなかった」、というのは世間には通じないと思います。何でも言ったもの勝ちの国なんでしょうが。
AFPBBNEWSから。

仏文化相が辞任否定、買春経験告白の自伝的小説めぐる騒動で

【10月9日 AFP】フランスのフレデリック・ミッテラン(Frederic Mitterrand)文化・通信相(62)が過去に出版した自伝的小説に「アジアで少年を買った」との記述があることから辞任を求められていた問題で、同相は8日、同国民放テレビTF1のインタビューで「児童買春はしていない」と述べて、辞任はしない考えであることを明らかにした。

 問題となっているのは、2005年に出版されたミッテラン氏の著書『The Bad Life(不道徳な人生)』という小説。出版社によると「自身の経験をもとにかかれたもの」とされており、主人公がタイやインドネシアの売春宿を訪れる描写がある。同書はその赤裸々で衝撃的な内容と文学性が高く評価されていた。

 6月に文化・通信相として入閣したミッテラン氏は、最近になってこの小説『The Bad Life』が買春ツアーを擁護するものだとして極右政党と左派政党の双方から非難を受け、辞任を要求されていた。

 ミッテラン氏は、アジアで買春行為をしたことは認めているが、小児性愛者であるとの噂は否定している。

 ミッテラン氏はTF1のインタビューで、「買春ツアーは断じて許されないものだと思っているし、小児性愛も批判している。未成年と経験したことは一度もない。わたしをその種の人間だと非難する人たちは恥を知るべきだ」と語っている。
(c)AFP/Rory Mulholland



  1. 2009/10/09(金) 13:12:06|
  2. 白人の児童買春、性犯罪

ミッテラン大統領の甥であるフランス文化相がバンコクでの男児買春スキャンダルで窮地に

「タイの地元新聞を読む」Twitterより。

4年も前にベストセラーになっていた自伝本に書いてあった内容が蒸し返されているだけのようですね。つまり、フランス人にとってバンコクでの少年買いくらいは、そのくらいどうでもいいことだったということでしょう。日本では考えられないことです。

Sex with boys admission haunts French Culture Minister Frédéric Mitterand

President Sarkozy’s new Culture Minister, Frédéric Mitterrand, was struggling to save his name and possibly his job last night amid a storm over his past accounts of paying “boys” for sex.

The nephew of the late President Mitterrand, who is openly gay, was thrown on the defensive after opposition politicians homed in on a memoir in which he described his delight in visiting brothels in Bangkok.

“I got into the habit of paying for boys ... The profusion of young, very attractive and immediately available boys put me in a state of desire that I no longer needed to restrain or hide,” he wrote.

The autobiography, La mauvaise vie (The Bad Life), was a critically acclaimed bestseller in 2005 and Mr Mitterrand, 62, a popular television presenter, was praised for his honesty.
  1. 2009/10/08(木) 13:24:08|
  2. 白人の児童買春、性犯罪

マフィアと名乗り銃をちらつかせながら苦情を寄せた近隣住民を脅していたアメリカ人を逮捕

このアメリカ人はもちろん白人ですね。有色人種だったら、10年前にでも逮捕されてるでしょう。タイでは一般にも銃が出回っているようですが、在留白人・不良白人たちも平気で持っているようです。こういうデタラメなことをやらなかったら、捜査も受けることはなく所持していたはずです。タイはデタラメな白人の天国で、タイにいる白人も危険なのだということを頭に入れて行く必要があります。

マフィアと名乗り銃をちらつかせながら苦情を寄せた近隣住民を脅していたアメリカ人を逮捕

 ネーション系のタイ語速報によると、チョンブリー県の警察当局は6日、パッタヤー地区に属する同県バーンラムゥン郡内で62歳のアメリカ人の男を拳銃等の不法所持容疑で逮捕し、レミントン製の拳銃を初めとする3挺の銃及び銃弾を押収した。

 この逮捕は近隣住民からの通報により実現したもので、予てから外国人の友人を家に招き大音響が伴うパーティーを開催していた男が、騒音の苦情を寄せてきた住民に対して自分はマフィアの一員だと名乗りながら拳銃をちらつかせたり、銃弾を発砲し脅していたという。

 逮捕された男は取り調べに対して、拳銃は別れた妻の物で、自分の物では無いと主張しているというが、警察側は男の供述を信用する事が出来ないとして引き続き詳細に渡り捜査を行う方針である事を明らかにしている。

  1. 2009/10/07(水) 14:20:46|
  2. 白人のいる風景

“聖心”教頭夫妻が大麻密輸容疑で警視庁逮捕 心インターナショナルスクール(東京都渋谷区)初等科教頭で米国籍のシャーリー・レイン容疑者(59・女)

この調子だとミッションスクールの白人教員は、「エッチな先生」も相当やってそうですね。日本人教師にも多いんだが、彼らは特権層でしかも外国人という気楽さ。女子小学生に相当ヘビーないたずら(強姦寸前)をする先生の噂は、個人的にも聞いたことがある。


“聖心”教頭夫妻が大麻密輸容疑で警視庁逮捕

大麻を国際郵便で密輸入したとして、警視庁組織犯罪対策5課などは2日、大麻取締法違反(密輸入)の疑いで、聖心インターナショナルスクール(東京都渋谷区)初等科教頭で米国籍のシャーリー・レイン容疑者(59)を逮捕した。

 また、同日までに同容疑で、米国籍の夫で会社経営、トーマス・レイン容疑者(62)も逮捕した。

 同課によると、シャーリー容疑者は「主人に大麻を持って帰ってくるよう依頼したことは事実です」と容疑を認めている。

 警視庁は同校の教頭室や港区内にあるシャーリー容疑者の自宅マンションを家宅捜索。自宅からは、微量の大麻が見つかった。

 逮捕容疑は、9月22日(現地時間)、米フロリダ州の運送会社から乾燥大麻約5・9グラムを航空便で郵送させ、25日午前7時35分ごろ成田空港から密輸入したとしている。

 同課によると、大麻は段ボール箱に衣類とともに入れられており、宛先はシャーリー容疑者の自宅になっていた。トーマス容疑者は日本と米国を行き来する生活を送っており、警視庁の調べに「自分で使う目的で持ち込んだ。大麻は米国で密売人から100ドルで買った」と話しているという。

 ホームページなどによると、同校は聖心女子大学などが所属する学校法人聖心女子学院が運営。明治41年に女子対象の私立カトリックスクールとして設立された。現在は45カ国から520人の生徒が通っているという。
 
  1. 2009/10/03(土) 22:11:43|
  2. 白人のいる風景

若いアジア女性を「ハメ撮り」する白人男 ネットに流通している画像より

私の「日付のある紙片」のリンクが貼られていたので、アクセス解析から見つけました。
私がエロサイトをあさっていて見つけたのではありません。
リンク先はエロサイトなので取り扱いに注意してください。(児ポ単純所持処罰が施行された場合にはこのサイトにある画像を持っているだけでも違法になる可能性があります)。

初老白人がパイパンの黒髪娘をハメ撮り! 黒髪娘が写真を撮られながら白人男性の巨根をフェラ! クンニされたあと立ちバックで生ハメ! めまぐるしく体位を変えてかなり乱暴にハメまくる! 白人の事情についていろいろ見てたらこんなの発見。 アグネ○ス激怒!! ・・・は白人なのでしませんでしたー^^;

http://www.adultgeek.net/2009/10/post_2726.html


エロサイトはすごいアクセス数があるようで、これが小さく貼られただけでいつもの十倍以上のアクセスが殺到しました。

上のコメントはいいところをついていると思います。
  
  1. 2009/10/03(土) 18:03:37|
  2. 白人の児童買春、性犯罪

ドイツ警察、インターネット児童ポルノ組織を摘発

このニュースでは、オーストリア警察が摘発した事例を除き、被害児童の人種や国籍、虐待場所、撮影場所などがわかりません。東南アジアに来る買春客にドイツ人が多いことは有名です。

[ベルリン 30日 ロイター] ドイツ警察当局は30日、児童を性的に虐待した映像をインターネット上で交換していた国際的な児童ポルノ組織を摘発したと発表した。

 警察は29日夜、国内でドイツ語ポルノ組織への所属が疑われる121人の自宅や職場を捜索し、幹部とみられる9人を逮捕した。

 また、スイス、オーストリア、スペイン、ブルガリア、カナダ、米国の捜査当局も同時に15人に対して捜索を行った。

 オーストリア警察はウィーンで記者会見を開き、世界で22人が逮捕されたと発表。組織のメンバーは自分の子どもや交際相手、友人の子どもに性的な虐待を加え、オンラインでその体験談を話したり、画像を共有したりしていたという。

 オーストリア警察は3月にも170カ国にネットワークを持つインターネット児童ポルノ組織を摘発し、およそ200人を逮捕、コンピューター1万4000台を押収している。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-11749020091001?rpc=165


 
  1. 2009/10/01(木) 20:08:49|
  2. 白人の児童買春、性犯罪
blog comments powered by Disqus
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。