白人のいる風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

満員のローカルバスで2座席ひとりで占領する白人女 ネパール

5月25日、ジャナクプルJanakpurからビールガンジBirganjへむかうローカルバスで。

ジャナクプルでバスに乗り込むと、白人女が、二人がけのシートを占領し、横の席には大きなバックパックを座らせて悠然と座っていた。毛むくじゃらの赤犬のような汚い茶髪の女だった。

その時は席が空いていたので私は座れたが、バスはだんだん混んで来る。

ネパールのローカルバスは、数年前ほどではないが超満員になるのが普通で、腰掛けられるところならどんなところにでも腰掛ける、ちょっとでもあけさせて腰掛けさせるというのが基本。

チケットの釣り銭のやり取りで立ったときに、ちょっとこれは・・・とその女に注意してみたら、ヒキツケを起こしたように怒り出した。なるほど白人女らしい反応だと思った。

バスはさらに混んできて多くの人が立っている。

子供を抱えた女がそのバックパックの席に座ろうとしたが、白人女は断固拒否。

その次は、おばあさんがそのバックパックにもたれかかってきたがこれも完全に無視。

(なぜ私自身がそのおばあさんに自分の席を譲ってやらなかったのか、と突っ込むやつがいるかもしれないが、ここはそういう文化でもない。そのおばあさんを呼びに行っているあいだに、近くにいる若いインド人男に席を取られてすべて終わり、という可能性が高い。

しかし、人間とカバンでは価値が違う、ということ。人間はカバンよりもクジラよりも価値がある、ということが分からなくなっているのが多いから変な理屈がまかり通ることになる。)

ここまでやるからにはこの女は料金を二人分払っているのだろうか。

仮にそうだとしても、座席指定もないローカルバスでカネで席を買い占めるということに無理がある。

ただでさえ超満員になる、ローカル住民の生活のためのバスである。ローカル住民の生活に必要な空間をツーリストがカネで買い占めていいものかどうか。

しかしこの女の場合はたんに「白人の特権」で2座席占領していただけだろう。ネパール語は話せそうにないし、ガイドも連れていない。そんな分かりにくい交渉が出来たとは思われない。ビラトナガルかカカルビッタからネパールに入ってこのバスでビールガンジまで行き、カトマンドゥに行くかまたインドに戻る、というツーリストだろう。

たしかに、ローカルバスで隣のネパール人がうざいというのは分かる。すぐに眠ってもたれかかってくるし、ゲロを吐くこともある。最近はマナーが良くなってバスでタバコを吸うのを見なくなったが、噛みタバコのにおいはぷんぷんする。しかし、それがどうしても嫌なら、ローカルバスの旅など最初からしなければいいのである。

ローカルバスの車内に大きなバックパックを持ち込むこと自体、望ましくない。地元の人たちは、穀物の袋や段ボール箱に入った商品や生きた鶏などを車内に持ち込むが、逸れは彼らのルールに従ってやっていることである。自分のバックパックを大切に抱え込み、人に踏まれたり上に座られたり勝手に移動させられたりすると怒り出すような外国人ツーリストがまねすべきことではないと思う。

屋上に荷台があるので(たいてい番人も乗っている)そこに乗せるか、それが嫌なら、小さいカバンいくつかに分けて座席の上の棚や足元に置くか抱え込むのがいいと思う。

私は先日、買ったばかりのデイパックを足元に置いていたら隣の席の男が床にゲロを吐きぐちょぐちょに汚されるという悲惨なことがあったので、バスに乗るときは荷物を3つに分けて二つは上の棚にねじ込むことにした。

とにかく、私だったらどんな立派な理由があってもあの状況で席を二つ占領して座っているのは、隣の男のゲロに勝るとも劣らぬしんどいことだろうと思った。あの汚い髪の白人女のように平然として窓の外の風景など眺めながら楽しいバスの旅、というわけにはいかない。やはり他人の立場を考えてしまうという「日本的な」欠点があるのだろう。

この世界で生き残るためには少しは白人を見習って、どこまでも「自分の正しい論理」だけを貫き通して悠然と構えていられるようになったほうがいいのかもしれない。
 

スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 19:09:10|
  2. 白人のいる風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぐりぐりももんが氏の「白人のいる風景」へのコメント

コメントを承認していないことを「削除した」と決め付けて怒っているようなので、いちおうここに公表しておきましょう。今日ひさしぶりに「白人のいる風景」の管理画面にアクセスし、他の人のコメントも承認しておきました。スパムコメントに埋もれているので、ちゃんとしたコメントでも気づかずに承認していないこともありえます。「もみじ」とか「愛」とか「やよい」とか女の名前のはたいていスルーです。

ネットでは原因不明でログが飛ぶことも普通にあると思いますが(ブログによってはすでに投稿したエントリーが消えてしまうという事故も多いらしい)、自分のコメントが「削除された」と言って癇癪を起こしていた方のコメントです。
 

まだまだ日本人はウエルカムなほう...

120人の現地スタッフを抱えながら、一人で工場の面倒をパトンタニで見ている、雇われ社長です。
タイは、白人欧米列強に植民地化されることも無く、絶妙のバランス感覚を発揮して生き抜いて来た国家ですから、コンファランの扱いは、歴史の経験上見て見ぬ振りをしているのだろうと思います。長いものには巻かれろくらいかなー。それと、タイでは白人と売春婦のセットは付き物ですが、専門業者に白人の扱いを任せておけば、触らぬ神に祟り無しぐらいの気持ちでしょう。一般のタイ人にとって、へんちくりんなコンファラン達の日常生活における接点なんかどこにもありませんからね。
日本人は、有色人種の中でもタイでの扱いはまともでしょう。ヤクルト・味の素に始まった半世紀近くに日系企業の進出が、日本の文化・国家イメージの底上げに貢献していると思います。会社に、ロンドン大学でMBAをとった才媛がマネジャーとして働いているのですが、直接に聞いたことは無くても現地で人種差別があったぐらいのことは何となく分かります。その時は、日本人と友達になったことを楽しく話していますので、タイ人も自分達の国際社会における立ち位置は十分理解していると思います。

 
「会社に、ロンドン大学でMBAをとった才媛がマネジャーとして働いているのですが、直接に聞いたことは無くても現地で人種差別があったぐらいのことは何となく分かります。」

ロンドン大学のMBAがどのくらいすごいのか私はよく知りませんが、いまさらなにを?って感じですね。

ヨーロッパ人はタイのバービア嬢やゴーゴー嬢と安易に結婚して(短期間=結局破綻するので)本国に連れ帰る例が多いようですね。白人ツーリズム=買春拠点であるチェンマイではそんな話をよく聞きました。ヨーロッパで暮らしたことがあるというのを自慢にしている売春婦(自称「ガールフレンド」、「支払われるガールフレンド」を稼業にしている女)のも少なくないような。

そんなタイ女がヨーロッパにいっぱい住んでいるのだから、タイ人の場合、先進国で差別されて当然というほかないような気がします。

ごろつき白人がタイでだらだら暮らすために売春婦と結婚して本国にも連れて行くという例も非常に多いのですが(係累のない孤児のような女を必死で探すのだとか=それは納得ですが)、堅いイギリス人などで育ちの良いのがちょっとタイに来て売春婦につかまってしまう例も少なくないと聞きました。

タイに来ただけで「アジア」がわかってしまったと思い込むタイプの白人が多いようです。まじめなヨーロッパ人男が初めてのアジア旅行でタイに来て、自分が教えられてきたヨーロッパの価値観や美意識とはまったく違うものがまかり通っていて、しかもそれで結構楽しい思いができたことにショックを受け、「これだ!これでいいんだ!これがアジアなんだ!」とか思い込み、売春婦と本気で結婚してしまうこともあるのではないかと思います。

実際、人身売買、児童売買、海外移送の手先として国際的に活躍しているタイ女が非常に多いので、タイ女が国際社会で胡散臭い目で見られるのはむしろ当然でしょう。それはタイが国策として長年やってきたことの当然の結果です。

タイの「ガールフレンド産業」のせいでタイ人以外のアジア女性全体が「ガールフレンド」や「レディー」のような目で見られている面が相当あるのだから、タイ人が差別されるのは自業自得というほかありません。

私は日本の入管もタイ女だけは極力入れないようにすべきだと思います。フィリピン女よりたちが悪い。彼女らが売春するだけならまだしも、そのかげではるかに弱い立場にいる少数民族などの少女が売買され搾取されている可能性が非常に高い。

白人の児童性的虐待のカバーとして、児童の母親役のタイ女と偽装カップルになるというのはタイではごくありふれたことです。(児童とも母親役の女とも・・・ということがあるかどうかまではわかりません。これでは偽装親子○ですね)。これだと目立ちにくいので、それによってタイが「児童買春支援国家」として国際的非難を浴びることもないから、タイ国内では白人がやってる分にはほぼ野放しのようですね。

しかし(どうでもいいことですが)こういう悪い遊びをするにはある程度ネットワークが必要です。児童の調達はもとより、母親役の女の調達など、現地人の支援と白人同士の助け合いが必要になります。日本人買春オヤジはこういう組織性が必要な遊びは苦手なように見えます。 たしかに、白人同士はアジアでよく助け合っているように見える。「野蛮人の地では助け合う」というのは、数百年にわたる経験で白人が得た知恵かもしれません。在外日本人たちのようにいつも互いに足を引っ張り合っているよりは麗しいことかもしれません。ちょっと下品になりましたがタイの現実を包み隠さず語ろうとすれば下品にならざるを得ません。
 

「一般のタイ人にとって、へんちくりんなコンファラン達の日常生活における接点なんかどこにもありませんからね。」

これはまったくウソですね。

タイでは都会はもとよりよほどの田舎町でも、ごろつき白人が奴隷女を囲って貴族滞在している風景を普通に見ます。

そういう「白人のいる風景」を毎日見ていて平気でいられる、それが普通なのだと思っている、というのがタイ人です。これほど白人を受け入れている国民はアジアでも他にはあまりないと思います。

自国民の女をクズ白人爺が奴隷女のように囲って自分の町や村に滞在している、そんな「白人のいる風景」をタイでは普通に自分の生活空間の中で、屋台でも喫茶店でもモールでも、毎日のように目にしなければならない。

つまり、ごろつき白人はタイ人の生活の一部になっているわけです。

こういうのを「接点がない」とはいえないでしょう。

これがもしネパールだったら、と考えてみると、カトマンドゥのタメル地区(ツーリスト地区)には土人女連れ毛唐をたまに見ますが、女奴隷連れで旅行している白人で、女はネパールで調達したのではなくタイなど外国から連れてきたのが多いように見える。ネパールでは契約売春婦の調達は簡単ではないようです。

ネパールの田舎町だったら、仮にその毛唐が囲っているのが自分とは無縁のカーストの女であったとしてもネパール人は黙ってはいないと思います。今後どう変わっていくかまではわかりませんが、今のところはそうだろうと思います。
 

もうひとつ同じようなの。表示されないのが納得できなかったのか執念の連投ですね。
 

タイは可でも不可でもなく

120人の現地スタッフを抱えながら、一人で工場の面倒をパトンタニで見ている、雇われ社長です。
タイは、白人欧米列強に植民地化されることも無く、絶妙のバランス感覚を発揮して生き抜いて来た国家ですから、コンファランの扱いは、歴史の経験上見て見ぬ振りをしているのだろうと思います。長いものには巻かれろくらいかなー。それと、タイでは白人と売春婦のセットは付き物ですが、専門業者に白人の扱いを任せておけば、触らぬ神に祟り無しぐらいの気持ちでしょう。一般のタイ人にとって、へんちくりんなコンファラン達の日常生活における接点なんかどこにもありませんからね。日本人は、有色人種の中でもタイでの扱いはまともでしょう。ヤクルト・味の素に始まった半世紀近くになる日系企業の進出が、日本の文化・国家イメージの底上げに貢献していると思います。会社に、ロンドン大学でMBA取得の才媛がマネジャーで働いているのですが、直接に聞いたことは無くても現地で差別を受けたことぐらいのことは何となく分かります。その時に、日本人の友達ができたことを楽しく話していますので、自分としてもうれしく思いました。 貴君の視点は面白いが、会社勤めをしたことが無いんじゃないのかなー...

 

私の感想をこれ以上言う必要もないかと思いますが、いかにも戦後生まれの(右に行こうが左に行こうが)根っから卑屈な百姓、「下を見て満足せよ」という教えが体に染み付いて臭いを発しているような、ドブネズミ姿がよく似合う方、という気が私はします。

いずれにせよ、こういうタイプの人がタイをこよなく愛するようになるということは確かなようです。

「ヤクルト・味の素に始まった半世紀近くになる日系企業の進出が、日本の文化・国家イメージの底上げに貢献していると思います。」

私は逆に、日系企業の長年の『土人甘やかし』、「バンコク都」、「国王陛下の思し召しにより・・・」、タイ国王戴冠60年記念式典のためにわざわざ訪タイした天皇皇后両陛下に対する、タイ政府の無礼千万な扱いに対して抗議するどころかテレビで実況中継された事実さえ封じ込めて沈黙する・・・・、といった卑屈な態度、賤しい利益至上主義、が日本人全体の評価をむしろ下げているのだと思います。

(タイ国王戴冠記念式典への天皇訪タイは、トヨタをはじめとする財界の要望を受けたものだろう。「天皇の経済利用」というほかないが。右翼がなぜこの件について抗議しないのかまったく理解できない)。

数年前バンコク週報で読んだ記事では、在タイ日本人商工会議所はタイ政府に土下座して「欧米企業並みの扱いをお願い」しているそうだ。

トヨタをはじめとする日本の一流企業がタイに莫大な投資をしてやっているのだが、その一流のはずの日本人の態度が乞食同然では、日本人全体がバカにされるのは当然でしょう。日本企業の責任は大ですね。
 

http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2008/05/post_7d8a.html

  1. 2008/05/28(水) 00:18:43|
  2. タイヲタ日本人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり縁があった!実娘を監禁し子供7人を孕ませた鬼畜オーストリア親父がタイに来ていた

ちょっと前にオーストリアの青年が名古屋の神社で神主をやっていて人気(?)だなんてニュースがあり、それを見た媚白人糞ネトウヨどもが、「やっぱりヨーロッパは親日だオーストリアとオーストラリアとはえらい違いだ」なんて喜び合って恥ずかしい自慰にふけってマスをかいているのをネット上で見かけたが、白人はどこでも同じ。オーストリアもオーストラリアも程度の違いに過ぎないってこと。

このオーストリアの事件のニュースを見たとき、いかにもタイ的なニュースだなと思ったが、やっぱり接点があったようである。最低な白人、クズな白人は必ず、タイと関係を持つものである。
 

タイの地元新聞を読む」より

実娘を監禁し子供7人を孕ませた鬼畜オーストリー親父がタイに来ていた

 実の娘を監禁し、子供7人を孕ませたオーストリア人の男(73)が、娘を監禁していた最中に、夫人を国においたまま、少なくとも2回タイを訪問していた事が明らかになった。

  これは、友人の証言で明らかになったもので、男は、ビーチでマッサージサービスを提供している女性から長時間に渡ってマッサージを受ける事を好んでいた 他、パッタヤーでタイ人のスリムなガールフレンド用にセクシーな下着等を購入していた際には、この事を妻には絶対に言わないで欲しいと友人に釘を刺すとい う事もあったという。

* 当初掲載した記事では、オーストラリアと間違って記載していました。ご指摘頂きありがとうございました。

 
オーストリア人神主のニュースについて言えば、民族宗教の神官を異邦人にのっとられているようではその民族も終わりが近いと思う。

そのオーストリア人は、自己の文明的な 背景であるキリスト教=唯一神論をはっきりと否定しているのかどうかさえ明らかではない。

そういうあいまいさが日本的だなどという理屈は日本人の間でしか通用しないも のだ。白人キリスト教の秘密のミッションである可能性もある。

ユダヤ教でもヒンドゥ教でも、異邦人やカースト外の人間が彼らの神事に触れるようなことは耐え難い穢れであり破壊行為以外のなにものでもないはずだ。民族宗教というのはそういうものである。

国民がそれを「穢れ」とさえ感じないようになっているのでは、神道などすでに崩壊しているということではないかと思う。

大祭司たる天皇周辺があの体たらくだからどうしようもないが。

ついでにこんなニュースも。

ショッピングセンター内で13歳の少年に猥褻行為を働いた白人爺を逮捕

 29日夕方過ぎ、バンコク隣県のパトゥムターニー県タンヤブリー郡内にあるフューチャー・ランシット店の2階駐車場フロアーで、13歳の少年に猥褻な行為を働いていた70歳のイギリス人の男が警備員に取り押さえられ、警察に引き渡された。

  被害にあった少年によると、2-3人の友人等と一緒にゲーム機で遊んでいた際に、男が突然現れ、ゲーム用のコインやお菓子の代金としてお小遣いをくれ、そ の時点では何事も起こらなかったが、その後、少年が、友人等と離れ外にでる為に駐車場フロアーを歩いていた際に、いきなり男に体を押しつけられ、少年の局 部を咥(くわ)えだしたという。

 その際、少年は、怖さの余り助けを呼ぶ声を出すことが出来なかったというが、幸い現場を目撃した警備員が少年を救出すると共に男の身柄を取り押さえ、難を逃れる事が出来たという。

http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2008/05/7_5e58.html

 

  1. 2008/05/02(金) 16:30:43|
  2. 白人の児童買春、性犯罪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
blog comments powered by Disqus
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。