白人のいる風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

契約売春婦以外の何者でもない KL マレーシア This is the "Islam Hadhari" of Malaysia!

ご愁傷様ともいえるかも知れないし、慈善だという人もいるかもしれないが、これを「売春」でないという人は女子高生の援助交際も売春でないといわなければならない。

これが「イスラム国家」マレーシアの現実の姿である。

アジア植民地国家以外のなにものでもない。本国のクズが流れてきて女奴隷を買い、雑用女中通訳兼性奴隷として同棲する。昔からアジアでもアメリカ大陸でもずっと行われてきたことをそのままやっているだけである。

Imgp3654

Imgp3655


スポンサーサイト
  1. 2008/01/21(月) 11:56:14|
  2. 白人のいる風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商店の入り口を占領する白人ツーリストたち KL マレーシア

日本もすでにこういうふうになってるだろうか。
商品を買うでもなく、店の入り口に座り込んで動かない白人の群れ。
もちろん苦情など言わない。

マレーシアの人がなんであんなに白人に従順で白人のわがままを許しているのか、最近よくわかった。

(タイはそれが最初からの国柄であり国策だからだが、マレーシアは一応イスラム国家で西側の白人に媚びることを国策にしているわけではないと思っていた)。

現実に危険だからだ。

大部分の白人は動物的な衝動で暴力を振るう。気に入らないことがあると無抵抗な者に対して直ちに先制攻撃をかけてくる。アジアではローカル(有色人種)に対してそれが当然許されると信じている。白人を刺激したらまず最初の一撃は覚悟しなければならない。

そして警察は必要なところにはいない。仮に呼んで来たとしてもローカルを助けてくれることは絶対にない。つまり警察は白人がらみのときには有色人種は助けない。仮に司法の場にまで持ちこめたとしても同じことだろう。一方で、白人の暴力に抵抗して白人に怪我をさせたとしたら、刑務所に行くのは必ず有色人種のほうである。

マレーシア警察のやり方だと、被害にあった有色人種(非白人、非アラブ)の方が常に犯人扱いされるだろう。実際、日本人とアラブ人がトラブルになったとき、マレーシア警察は一方的にアラブ人の主張のみを聞き、日本人のみを警察の地下牢のような連れて行く。相手が白人ならなおさらである。

日本もこれ以上「安い国」になればこういう光景が日本全国でどんどん日常的になっていく。日本に住んでいる日本人のほとんどは白人の本当のずうずうしさと「怖さ」を知らないと思う。日本警察もすでに白人には手が出せない。

店の入り口を占領する白人ツーリスト KL
店の入り口を占領する白人ツーリスト KL

在日白人が日本を「人権」批判したがるのは、日本は「アジアの癖に」まだこういうヤンチャがやりにくいところがあり、白人の特権が十分認められていないと感じているからであろう。
在日白人、帰化白人がいろいろな口実で日本批判をしている目的は、日本を白人がこういうことをやり放題できる国にし、日本人のだれもが「私たちは白人より劣っている種族です」と認め、白人が通れば当然のように頭を下げて道をあける、白人資本にタイのように特権を認める、娯楽産業、セックス産業はタイのようにまず第一に白人のためのものとする、そのようなことを心から実践して日本人が白人の優越性を心から受け入れ、白人に歯向かう気持ちを一切捨てるようになるため、日本をそういう国にし日本人をそういう奴隷民族にするためである。

白人と闘うための一構想:
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2008/01/post_25ae.html
 

  1. 2008/01/20(日) 18:02:40|
  2. 白人のいる風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーストラリア白人がコソ泥で逮捕される 同宿地元民のノキア携帯を盗み ペナン マレーシア

逮捕された男。マレーシア紙New Straits Times18Jan2008より。 

Imgp3650

毛唐に襲われたときカメラを向けたら殴られてレンズに傷がついてしまった)。

claim trialとはよく使う表現で要するに「裁判にかけられる」ということ。(被疑者が権利として公判を請求する、裁判を受ける権利を主張するという意味だろう)。

GEORGE TOWN:  An Australian businessman yesterday claimed trial to stealing a Nokia handphone belonging to a man at a budget hotel here.(オーストラリアの「ビジネスマン」は環境保護に熱心なせいかbudget hotel〔きたねえ安宿〕に泊まるようである)
Lee Anthony Knaggsi, 35, of Yatala, Australia, was charged with stealing Anuar Sani Othman's handphone at room No 28, Federal Hotel, Jalan Penang, about 3.50am on Jan 14.以下略、

もちろんオーストラリア人が罪を認めるはずもない。「ホテルで女に薬を盛られて数時間意識がなかった」などと言い訳している。

Defence Lawyer.....told magistrate... that his client had lost consciousness for several hours after he was drugged by a girl in the hotel.

女を買ったのも麻薬をやっていたのも事実だろうが、だから携帯を盗まなかったとはいえないだろう。

1万リンギの保釈金と保証人で保釈。

ペナンは麻薬に酔った毛唐が安宿に売春婦を連れ込むまるでタイのようなところのようだ。

マレーシアがイスラム国?笑えるね。
礼拝室がいつもトイレの隣にあるのはナゼ?あんな臭いところでお祈りか?
 

  1. 2008/01/19(土) 12:28:18|
  2. 白人のいる風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毛唐に襲われる 突き飛ばされ蹴られ 白昼クアラルンプルの電車のホームで

今日のは本当に怖かった。アジア女連れの2メートル以上もある見るからにケダモノだったが、こちらが写真を撮って怒らせたとかではない。

こっちが駅のホームの電車の扉の乗る人用の位置(こっちでもちゃんと決まっている)で立っていたら、大きなビデオカメラを抱えたこの男が「ここで(女を)撮るからどけ」みたいに俺を腕で押しのけた。

黙って押しのけられているわけにもいかないから拒否すると、たちまちすごい剣幕になり、完全にケダモノだね、肘で突き飛ばしちょうど来ていた電車に蹴りこまれた。俺がようやくカメラを取り出したのはその後。電車が来てなかったら高圧電流の流れているというレールの上にに突き落とされたかも。

クアラルンプールの電車の駅で毛唐に絡まれるのはこれでもう2回目。東南アジアでも毛唐の直接の暴力を受けたのはポイペトとクアラルンプールだけ。その意味では、KLは危ない白人の多い都市といえるのかもしれない。まだ白人植民地だと信じて来てるようなのも少なくないのだろう。

奴隷のように振舞っていれば安全なのだろうが。

今日のなんか、誰もいないようなホームで突っかかってきた。

毛唐は必ず先制攻撃をかけてくる。そしてそれを正当化する理屈を後から探してくる。これが白人のやり方だ。白人の現在の地位を作ったのはすべて暴力である。

KLの電車には鉄道警察はおろか駅員もろくにいない。白昼暴力を振るうことを少しも悪いと思っていない連中=白人はなんでもやり放題である。

電車に蹴りこまれた後ようやくカメラを取り出して少しだけビデオを撮ったので(最初撮ろうとしたときはカメラごと突き飛ばされたので正面画像は撮れなかった)、Niftyビデオ共有に今あげているところ。あがったらこちらにも貼る。

皆さんも国の内外で素行の悪い白人を見過ごすだけでなく、その振る舞いを動画や写真に撮りネット上にアップして共有していくようにすると良いと思います

そういう一つ一つの積み重ねで、日本人の多くがいまだ抱いている愚かな白人幻想を打ち砕き、まず日本人の意識を変えることができるかもしれないし、それがまず第一に重要なことだと思います。ケダモノに人間になりなさいといってもすぐにはなれないだろうから。

この男だが、自分がこの直前にやったことなどまったく意に介さず、自分のビデオ撮影(アジア女モデル撮影)に夢中の様子の場面。

白人に殴られ蹴られる クアラルンプール
白人に殴られ蹴られる クアラルンプール

KLの電車は白人が非常に危険なところ。マレーシア人もインドネシア人もインド人もアラブ人も怖くない。

まあ、今日の毛唐も本気で蹴ってはいなかったと思うけどね。あの巨体で本気で蹴りいれられたらいまごろ病院にいるよ。しかしファイティンポーズでのしかかってこられれたときにはもうだめかと思った。

この毛唐、チケット売り場で「チケット」を「ティカッツ」みたいに発音していたが(俺の頭越しに注文出していた)、どこの国かはわからないが、オランダ人でなければオーストラリア人と思うのは先入観ですかね。

マレーシアは日本人リタイヤ滞在に期待しているようですが、白昼都心の駅(ここはHang Tuah)で不良白人が有色人種客に絡み突き飛ばし蹴りを入れていても警察官どころか駅員も来ないというのでは、日本人は安心して滞在できないですね。

タイはクズ毛唐自体はいたるところにいるが、本当に危ない毛唐が密集しているところは大体わかるのでそういうところに近づかなければ毛唐からの襲撃を避けることはできるかもしれない(タイ人、タイ警察からの攻撃は避けられないが)。

しかしマレーシアの場合は、こぎれいでカタギな場所にこういう本当に危ない毛唐をのさばらせているということ。

危ないといわれているチャイナタウンやプドゥラヤ近辺を歩いていて危険な目にあったことはない。

以前毛唐に突き飛ばされた駅も、Dang WangiかBukit Nanasだったと思う。つまり、乗換駅。重要な駅だと思うが、駅員は見当たらず人目が少なく、獰猛な毛唐は構内でやり放題になる。
 

  1. 2008/01/14(月) 17:40:13|
  2. 白人のいる風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

【タイ】パッタヤーのコンドミニアムのトイレ内で白人男の遺体発見、ED治療薬の過剰摂取か

タイに滞在している白人はこんな屑ばかり。日本も滞在費用が安くなればこういう屑の溜まり場になるだけだ。白人を甘やかして受け入れた結果は見えている。

パタヤという町は今なお児童買春が堂々と行われていてしかも「国際社会」から咎められることがない不思議な場所である。

http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2006/12/paedophil_parad_133a.html

http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/11/post_7c42.html

なぜならパタヤはその成り立ちから「白人のために作られた町」であり、そして「国際社会」とは「白人のための世界」のことだからである。

パタヤの児童買春の主役が白人である限り、パタヤが叩かれることはない。

タイの地元新聞を読む」より 

パッタヤーのコンドーのトイレ内でファランの遺体、ED治療薬の過剰摂取か

 9日午前、チョンブリー県パッタヤー地区にあるニランド・グランド・コンドミニアムのB棟14階にある室内で49歳の北アイルランド人男性がトイレ内で死亡しているのが発見された。死後約3時間経っているものと見られる。

 室内に大量のバイアグラ錠や10本以上の猥褻ビデオが置かれているのが確認されているが、特に争われた跡や人が出入りした形跡が見あたらないことから、警察側は何らかの事情で規定量以上服用したバイアグラによる心臓発作により死亡したのではないかと見て司法解剖を行い死因を特定する方針を明らかにした。

 尚、男性から心臓病等の持病は確認されていない。

 男性の友人で正面の部屋に住む60歳のイギリス人男性によると、男性は北アイルランドの裕福な家庭で育ち、約10年前にタイに移住後は特に仕事らしい事をせず自適に暮らしていたという。

 

北アイルランドのお金持ち、というのが私にはイメージがわかないが、アイルランド人というのは内気で朴訥な感じの人が多いように思う。いかにも毛唐という感じではなかった。「マーフィー」とかもアイルランドの名前らしい。

しかし、タイに来てしまえばアイルランドもロシアもウクライナも関係がない。白人であるかどうかだけ。

パタヤはいま石油成金のロシア人の天下なのだとか。しかしアラブ人がカネもって来てもタイ人はあまり歓迎しない。インド人など大金持ちでも無視だろう。

まずとにかく白人であること、肌が白いことが重要。そして金があるなら大歓迎というのがタイ。白人であれば国民からも警察からも政府からも「貴族」として厚遇される。ある程度カネをもっていればなおよい。

  1. 2008/01/10(木) 12:33:41|
  2. 白人のいる風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

16歳少女に暴行しようとしたオーストラリア人男(35歳)を逮捕 パタヤ タイ

オーストラリア人はこういうネタにこと欠かないね。元旦から。

東南アジアでこういう犯罪を犯すのは50過ぎのちょっと頭がおかしくなったセックス中毒の男とかが多いような気がしたが、35歳はちょっと若いと思う。

タイでは恋愛、売春の区別も定かでない。買春の延長のような形で、白人による強姦も日常的なようである。(強姦したあと女に真顔で金をせびられることもあるだろう)

同じアパートの少女の部屋に入り浸って少し金をやりながらセックスしている分には(はめられないかぎり)何のお咎めもなかっただろうと思われる。そういう白人はいまもいっぱいいると思う。


タイの地元新聞を読む」より
 

同じアパートに住む16歳少女に暴行しようとしたオージーを逮捕

 チョンブリー県パッタヤー地区の警察本部は1日未明、16歳の少女に対する強姦未遂容疑で35歳のオーストラリア人の男を逮捕した。

  調べによると、男は31日夜半に酒に酔った勢いで同じアパートに住む16歳の少女の部屋に押し入り性的な暴行を振るおうとしたが少女が叫んだため未遂に終 わり、少女に他言しないように脅迫した上で少女の部屋を立ち去っていたが、その後少女側が警察に通報したたために今回の逮捕と相成った。

 
  1. 2008/01/02(水) 21:28:35|
  2. 白人の児童買春、性犯罪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
blog comments powered by Disqus
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。