白人のいる風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禿毛唐 KL

いまデモに荒れるKLだが、土人連れ毛唐には関係がない。

Imgp3601

Imgp3603

スポンサーサイト
  1. 2007/11/26(月) 12:48:17|
  2. 白人のいる風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

13歳未満の男女5人に性的虐待のドイツ人の男(43)に8年16ヶ月の禁固 ただし保釈金で仮釈放 タイ

これはひどい。

何がひどいってタイの裁判所の白人犯人への異常な寛大さが。

こんなことをやっているのでは上に貼ってあるような児童性愛毛唐がつかまるはずもない。

国際刑事警察もカンボジアの事件には厳しいがタイには手が出せないようだ。

やはり白人にとってタイは特別な(うまみのある)国だということだろう。
 

タイの地元新聞を読む」より    

13際未満の男女5人に対して性的虐待を行っていたドイツ人の男(43)に対して8年16ヶ月の禁固

     刑事裁判所は23日、13際未満の男女5人に対して性的虐待を行っていたドイツ人の男(43)に対して8年16ヶ月の禁固を命じる判決を下した。

 男は、2002年から2005年にかけてチョンブリー県内で13歳未満の男女5人に対して性的な虐待を行い、その模様を撮影していたとして15歳未満者 に対する性的な虐待及び13歳未満の女児に対する性的虐待で刑事起訴されていたもので、裁判所側は男が罪状を認めている事を情状酌量し14年から8年 16ヶ月の禁固に減刑する判決を下すと共に、35万バーツの保釈金で控訴の為の仮釈放を認める決定を下した

     男は、警察児童・青少年及び女性に対する犯罪防止取締局の児童に危害を及ぼす恐れがある人物リストに掲載されていた50人の内の1人だった。

    * 尚、報道により8年16ヶ月の判決を4年8ヶ月に減刑した上で、55万バーツの保釈金での仮釈放を認める判決を下したとするものもあります

 
もし犯人が日本人だったらこんな寛大な扱いを受けたとは到底思えない。

保釈になればその晩からでもまたバービアに通い、酒を飲んでその辺をうろうろし、バービア(売春バー、売春婦斡旋バー)の女をお持ち帰りするくらいはわけないことである。そういう行為はタイでは、違法でないことはもちろん、不道徳でさえないからだ。

つい最近当地の新聞に載ったマレーシアの事件では、未成年少女を一人強姦したマレーシア人の男が(強姦しただけでなく売春婦として周旋していたから でもあるが)懲役40年くらいの実刑を受けていた。「膣に物を入れた」ことでも10年ちかく加重されていた。タイとはえらい違いである。
 

  1. 2007/11/24(土) 14:16:53|
  2. 白人の児童買春、性犯罪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

41歳ロシア人男が少なくとも19人の女児を性的虐待 プノンペン カンボジア

6人の女児の性的虐待の告発により先月逮捕されたロシア人ビジネスマン、アレクサンダー・トロフィモフAlexander Trofimovが、少なくとも19人の女児を性的に虐待していたらしいことがわかった。他13人の女児らの被害の申し立てによって明るみに出た。これにより、トロフィモフのケースはカンボジアで過去最悪のぺドフィリア捜査となった。
17日付マレーシア紙New Straits Timesの報道。

  1. 2007/11/17(土) 12:43:40|
  2. 白人の児童買春、性犯罪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白人爺と土人女奴隷 KL

マレーシアクアラルンプル、プトラLRTパサル・スニ駅で。

Imgp3545

Imgp3548

  1. 2007/11/16(金) 16:44:19|
  2. 白人のいる風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クアラルンプルのインドレストランで

11月12日。度人売春婦連れ毛唐オヤジ。

Picture_244

Picture_243

Picture_245

,
  1. 2007/11/12(月) 16:03:57|
  2. 白人のいる風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

タイ人の言いわけがあまり面白いので転載してみた 性教育と称して6年間に渡り実娘に性的虐待を加えていた酷い父親を逮捕

これがタイの仏教である。

 ソンクラー県ハート・ヤイ郡の警察当局は6日、14歳(報道により12歳)になる実の娘に対する性的虐待の容疑で50歳の男を逮捕した。

 この逮捕は、男の娘に対する日頃からの行状を見かねた男の姉からの告発により実現したもので、姉によると、男は2001年頃から娘に手をつけ始め、その後一端は止んだものの、2003年に妻と別れヂャナ郡からハート・ヤイ郡に娘と一緒に引っ越した頃から再度娘に手をつけるようになっていたという。

 男は警察の取り調べに対して2001年頃から娘に対して猥褻な行為に及んでいた事は認めたが、これまで直接的な性行為に及んだことは無く、あくまで若い男からの誘惑に対抗できる知識を授ける為に性教育の一貫として猥褻な行為に及んでいただけであると主張した上で、過去に出家をし仏の教えを学んだ者として実の娘に対するかかる行為が仏の教えに反するものではないという事は承知していたが、法律に違反するという事までは知らなかったと言い張っているという

posted by Jean T. at 02:00| 社会

 
ガイドブック等にも書いてあるとおり、タイの男子は若いころに一定期間出家してニセ坊主の気分を味わうという習慣があるようだ。

だから、元僧侶という男はいくらでもいるわけで「元僧侶の犯罪」からタイ仏教を批判するのは酷だということもできるように見える。

しかし、そのようなタイの仏教が確立されたタイの国家・社会体制の必須の環なのであり、タイ社会に深く根ざしたものなのである。

それは(本来の)「仏教」がタイの社会に根付いているという意味では決してない。

そうではなくて、「タイ仏教」なるものがタイ社会から切り離して考えられず、タイ社会を「タイ仏教」から切り離して考えることができないということである。

つまりそういう広汎な「元インチキ僧侶」たちの存在も含めて「タイの仏教」なのだといわなければならないと思う。

昔チェンマイでしゃべったことのある白人豚女は、チェンマイでタイ人の現地夫を囲っていて、そのカレは「元仏教僧」なのだといって自慢していた。滑稽だが、こうやって女に貢がせるのもタイ式「オリエンタル」商法なのだろう。
 

ところで日本ガイドブック「地球の歩き方」のタイ編は、「地球の歩き方」の中でもタイの歴史、文化、宗教や政治などに関する解説が非常に少ない。

これはちょっと興味深いことだと思う。「地球の歩き方」の理解では、このガイドブックを持ってタイに行くような日本人は、タイの歴史や文化には興味がないし、知る必要もないということなのかもしれないし、編者にそういうことを解説する能力がないのかもしれない。

東南アジアのドキュソ国の筆頭といえばフィリピンだと考えられているだろう。聞くところによるとフィリピン大使館というのは外交官の墓場と呼ばれているそうで、役人としての矜持や希望はいうまでもなく、人間としての最後のプライドも捨て去ったような連中の吹き溜まりなのだとか。

そんなフィリピンの「地球の歩き方」のほうが歴史や文化や政治についてタイ編よりは多少まとまった解説をしているように見える。

フィリピンヲタになるためには最低限の英語の知識が必要で、学校でまったく勉強しなかった人間は遠慮してしまうのかもしれない。

しかし、タイヲタになるためには英語も数学も世界史も物理もまったく不要である。タイ語とタイでの生活歴だけでタイを語るには十分だからというので、学校の勉強にまったく自信がもてないタイプの人間が日本での過去を清算するようにしてタイにのめりこんでいくのかもしれない。・・・だとしたら救いがたく情けないことである。

外交官の問題は、外務省に入る段階ではそれぞれ勉強したのだろうが、入ってから堕落したということだろう。

タイの仏教
 

  1. 2007/11/07(水) 22:15:01|
  2. タイの仏教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ人児童への性的虐待容疑、カナダ人男性をバンクーバーで逮捕

カナダで無罪放免になる可能性も大いにある。

【タイ】カナダ紙のトロントスター(電子版)によると、児童に対する性的虐待容疑でタイ警察が指名手配していたカナダ人の男が1日夜、東京から空路でカナダに入国を図り、バンクーバー国際空港で逮捕された。  捕まったのはオービル・メイダー容疑者(54)。タイ東部パタヤ市のホテルで8歳の男児など児童数人に性的虐待を加えた疑いがもたれている。このホテルには、児童への性的虐待容疑で先月タイで逮捕されたカナダ人のクリストファー・ニール容疑者(32)も過去に宿泊していた。  タイはカナダにメイダー容疑者の身柄引き渡しを要求する見通し。カナダで起訴される可能性もあるという。

http://www.newsclip.be/news/20071104_016145.html



 
  1. 2007/11/05(月) 13:09:18|
  2. 白人の児童買春、性犯罪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

61歳のドイツ人男が14歳の少女と寝ているところを逮捕 プノンペン カンボジア

今週木曜日、毎度おなじみの人身売買担当Keo Thea警部補配下の警察官たちがケルン出身ドイツ人男(61歳)のホテルの部屋に突入し、男が14歳のカンボジア人少女と寝ているところを逮捕した。

そのときこのドイツ男はパンツ一丁で眠っていたらしい。一緒に寝ていた少女は服を着ていた。

そのせいかこのAP通信の報道では男の名前は伏せられている。少女は男と何度かセックスしたという証言をしているが、男がこのあと見え透いた否認を続けることは明らかだと思う。それが白人のアジアでの行動様式である。

男が英語教師かどうかは不明。(ドイツ人などでも「英語教師」としてカンボジアなどでこのような活動をしているものは少なくない)。

カンボジアでは16歳以下の子供とセックスなどをするとdebauchery(遊蕩)という罪で最高20年の刑に処せられる。

フランス人の人権団体はこの男を何度も目撃していたという。それによればこの男は、逮捕されたときにいっしょにいた少女を含めた二人の10代の少女とうろついているのが目撃されており、別の少女とも淫行をしていた疑いがあるということ。

今年の3月には2人のドイツ人男に10歳から14歳までのベトナム人少女を虐待して合計40年の懲役の判決を受けており、4月にはシュトゥットガルト出身のドイツ人Walter Muzeが13歳の少女とセックスして訴えられた。先月はロシア人ビジネスマンが複数の少女と淫行して逮捕されているということ。とにかくドイツ人が多い。

白人がアジアでこういうことを平気でやる心理とハロウィーンで山手線で裸になる心理との間にはそう大きな隔たりはないと思う。彼らは何かを「越えたい」のだろうが、本国では許されないことでもアジアなら白人の特権として許されるはずだという意識があると思う。

ゴーギャンがタヒチで幼女少女とやりまくりそのポルノ絵を描きまくって「自由」と「自己実現」を求めた心理と同じである。モームは「月と6ペンス」でその白人遊びを賛美しアジア太平洋での白人遊蕩に理念さえ与えている。

日本に来ている白人英語教師が日本の女子小学生と堂々遊蕩交際し東京の町を練り歩くひも近いだろう。

警視庁や日本の政治家は白人が「日本は自由ですばらしい国です」とか褒めてやればそれだけで喜んでどうぞどうぞ自由にやってくださいとなるのである。

http://www.iht.com/articles/ap/2007/11/02/asia/AS-GEN-Cambodia-Child-Sex.php

Police arrest German on child sex abuse charge in Cambodia

The Associated Press           Published: November 2, 2007

PHNOM PENH, Cambodia: Police caught a German man in bed with a 14-year-old girl in the Cambodian capital and arrested him on debauchery charges, police said Friday.

Police raided the suspect's Phnom Penh hotel room Thursday and discovered him with the teenage girl, said Keo Thea, deputy chief of a unit that investigates human trafficking.

Keo Thea said the suspect would face formal charges in a court, but he did not specify the charges.

However, a police officer who asked not to be named because he was not authorized to speak to the media, said the suspect, 61, came from Cologne, Germany and was arrested for debauchery ― a legal charge used for the sexual abuse of children under the age of 16 ― which is punishable by up to 20 years in jail.

He said police officers burst into the German's hotel room and found him, dressed only in his underwear, lying asleep on the bed with the fully clothed girl.

The girl later told police that she and the man had sex several times before the raid. It was not immediately clear if she also faced any charges.

A French child rights group said it had kept the suspect under surveillance for some time. Investigators for Action Pour Les Enfants saw the man spending time with two teenage girls, including the one whom he was with during the arrest, said Samleang Seila, the group's director in Cambodia.

The detention of the German is the latest in a string of arrests of Westerners suspected of child sex offenses in Cambodia.

Poverty and lack of education in countries like Cambodia make it easy for pedophiles to operate, said Christian Guth, an official of the U.N. children's agency UNICEF, who works as an adviser to Cambodia's Interior Ministry on human trafficking.

"Cambodia is still very weak. Money is very important here, and with money you can do whatever you want," he said, referring to the method often used by pedophiles to lure children.

In March, the Phnom Penh Municipal Court sentenced two German men to a total of 40 years in prison for sexually abusing ethnic Vietnamese girls aged 10 to 14 years.

Then in April, the same court charged Walter Muze, a 62-year-old German from Stuttgart, with debauchery for allegedly having sex with a 13-year-old Cambodian girl. Last month, a Russian businessman was arrested and charged with debauchery for allegedly having sex with six girls in Cambodia. Both are in detention awaiting trial.

 

  1. 2007/11/04(日) 19:08:08|
  2. 白人の児童買春、性犯罪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
blog comments powered by Disqus
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。